この星の格闘技を追いかける

【WEC49】カード変更+追加、チャンスを掴むのは誰だ?

CampuzanoWEC初のカナダ大会、6月20日(日・同)にエドモントン、レクソール・プレイスで行なわれるWEC49「VARNER vs SHALORUS」に追加、変更カードがあった。

【写真】棚ボタでライブ中継枠に出場となったウィル・カンプサーノ。キャリア8戦7勝1敗、長いリーチが武器のファイターだ (C) ZUFFA

まずメインカードで、初代WEC世界バンタム級王者エディ・ワインランドと対戦予定だったチャーリー・バレンシアが負傷欠場。代役として、同大会でハファエル・リベーロと対戦予定だったウィル・カンプサーノと対戦することに。

カンプサーノを失ったリベーロは、WEC新顔のクリス・カリアソとのマッチアップとなった。またミッドウェスト・フェザー級の新鋭エリック・コク(WEC戦績1勝1敗)が、フランスのグラップラー=ベンディ・カシミアーと対する試合も追加発表されている。


プロモーター側としては、負傷欠場は最も避けたい案件の一つだが、MMAイベントにはつきもの。大会開催まで1カ月を切り、これからもカードの変更は起こり得る。

ただし、ファイターにとっては負傷欠場選手の代役だろうが、代替カード出場であろうが、降ってわいたチャンスには変わりない。今大会でもカンプサーノ、あるいはカリアソが、この「降ってわいた」チャンスを生かすことができるだろうか。

■WEC49対戦予定カード

<ライト級/5分3R>
ジェイミー・バーナー(米国)
キャメル・シャロルス(英国)

<フェザー級/5分3R>
マーク・ホーミニック(カナダ)
イーブス・ジャボウィン(カナダ)

<フェザー級/5分3R>
ジョシュ・グリスピ(米国)
LC・デイビス(米国)

<ライト級/5分3R>
クリス・ホロデッキー(カナダ)
エド・ラトクリフ(米国)

<バンタム級/5分3R>
エディ・ワインランド(米国)
ウィル・カンプサーノ(米国)

<ライト級/5分3R>
カレン・ダラベジャン(米国)
ウィル・カー(米国)

<バンタム級/5分3R>
フランク・ゴメス(米国)
ヴァグネイ・ファビアーノ(ブラジル)

<フェザー級/5分3R>
エリック・コク(米国)
ベンディ・カシミアー(フランス)

<フェザー級/5分3R>
ハファエル・アスンソン(ブラジル)
ディエゴ・ヌネス(ブラジル)

<バンタム級/5分3R>
ハファエル・リベーロ(ブラジル)
クリス・カリアソ(米国)

<バンタム級/5分3R>
ヘナン・バラォン(ブラジル)
クリント・ゴッドフレー(米国)

<DVD ランペイジ・ジャクソン>
ランペイジ・ジャクソンのグレイテストヒッツが発売!

約2時間13分のボリュームで、PRIDE時代からUFCまでの軌跡を振り返る!
※輸入盤DVD/リージョンフリー
※価格:2,940円(税込)

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie