この星の格闘技を追いかける

【Strikeforce】注目のアリスター&ホジャーが揃って快勝

【写真】ヒョードルに敗れたロジャースが挑戦者に起用されたことには議論の余地も残るが、それでも、ヘビー級のライジングスターを、220秒で危なげなく下したアリスター (C) Strikeforce

5月15日(土・現地時間)、米国ミズーリ州セントルイスのスコットレード・センターでは、ストライクフォース「Heavy Artillery」が開催された。

ストライクフォース世界ヘビー級選手権試合=アリスター・オーフレイム×ブレット・ロジャース、アンドレ・オルロフスキー×アントニオ・ペイザォン・シウバの二大ヘビー級マッチをメイン&セミに、ホナウド・ジャカレ・ソウザ、ホジャー・グレイシー、ハファエル・フェイジャォン、ヴィトー・シャオリン・ヒベイロら注目のファイターがこれでもかと登場を果たした同大会。

そのメインでは、アリスターがロジャースから巧みにテイクダウンを奪うと、最後はパウンドの連打でTKO勝ち。終わってみれば、220秒の完勝劇だった。

そして、セミのペイザォン×オルロフスキーは、両者決定打に欠くも、パンチのヒット数&テイクダウンで優位に立ったペイザォンが判定勝利。元EXC王者が元UFC王者を破る白星を挙げた。

また、この日、米国デビューを迎えたホジャーは、ベテランのケビン・ランデルマンを相手に、2R、ヒザ蹴りでダウンを奪うとリアネイキドチョークで快勝。試合後には「グレイシーの意味合い?ファミリーがいるから今僕はここにいる。グレイシーを代表して戦う」と語った。同じく柔術ファイターのジャカレはジョーイ・ビラセニョールに判定勝ち。シャオリンはレスラーでワシントン州王者に3度就いたライル・ビアーボームに判定負けを喫している。

■関連リンク
公開計量、微笑みのホジャー・グレイシー
アリスター陣営、2R「一本」or「KO」宣言
シャオリン初陣は、脛に傷を持つ実力者と

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie