この星の格闘技を追いかける

【Strikeforce】ジャカレがSF2勝目、ビラセニョール退ける

■第3試合 ミドル級/5分3R
ホナウド・ジャカレ・ソウザ(ブラジル)
Def.3R終了/判定
ジョーイ・ビラセニョール(米国)

【写真】終盤、スタミナ切れか動きの鈍くなったジャカレ。それでも、ビラセニョールを相手に果敢に打撃を放っていくなど、進化の跡をみせた (C) Strikeforce

右オーバーフックから組みついたジャカレ、シングルレッグから逃れようとするビラセニョールからテイクダウンを奪う。ハーフからマウントを速攻で奪取したジャカレは、パウンド&鉄槌を落としていく。ケージを蹴り上げて、エスケープに成功したビラセニョールだが、ジャカレはすぐに組みついてボディにヒザを連打する。再びシングルレッグでテイクダウンに成功したジャカレは、インサイドガードから思い切りパウンドを連打する。

立ち上がろうとしたビラセニョールをボディロックで倒し、グラウンドに釘付けにするジャカレ。ハーフからアームロックを仕掛けたが、ビラセニョールもヒップエスケープを駆使し、体を滑らせるように危機回避。寝技だけでなく、スタンドでもジャカレが試合を支配し初回を終える。


2R、前に出て右アッパーを振るうビラセニョール。左ジャブを触角にして、距離を図るビラセニョールだが、ジャカレはダブルレッグで簡単にテイクダウンに成功。バタフライガードのビラセニョールに対し、ハーフからパスを狙うジャカレ。足を引き抜いたタイミングで体を返したビラセニョールは、抜群の反応をみせスタンドへ戻る。

再びテイクダウンに成功したジャカレは、ハーフからパスに成功するも、ビラセニョールは直後に肩を押し、足を引き抜いて立ち上がる。グラウンドで思うように攻め込むことができないジャカレは、やや疲れを感じさせるが、パンチを釣りにして、遠い距離から飛び込んでビラセニョールをテイクダウン。インサイドで呼吸を整え、パウンドを時折り落とすが、ペースは落ちている。

ジャカレを蹴り上げ、スタンドに戻ったビラセニョールが、ダブルレッグを潰したところで2Rが終了した。最終回、前に出てプレッシャーをかけるビラセニョール。ジャカレのパンチも伸びるが、テイクダウンは未遂に終わる。明らかに疲れが見えるジャカレ、ビラセニョールは待ってましたとばかり前に踏み出し、パンチを振るっていく。

ジャカレのテイクダウン狙いをスプロールするビラセニョールだったが、このラウンド3度目のトライでとうとう背中をつけてしまう。ハーフから肩固めを見せたジャカレ、時間を懸けて優位なポジション・キープに徹する。必死に立ち上がろうとするビラセニョールだが、攻めより守り中心の位置取りをするジャカレからポジションを返すのは難しい。と、ここでレフェリーが助け舟、ブレイクをかけて試合はスタンドに戻される。

ジャピングニーを見せたビラセニョールから、テイクダウンを奪ったジャカレはそのままタイムアップを迎えた。ジャッジの裁定は30-27、29-28、29-28でジャカレ。序盤のリードを逃げ切り、ストライクフォース2勝目を挙げた。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie