この星の格闘技を追いかける

【BFC17】アルバレス、フエルタ揃い踏み大会計量終了

Alvarez明日、6日(木・現地時間)にマサチューセッツ州ボストンのシティ・パートフォーミングアーツセンター内ウォン・シアターで開催されるBFC17。その公開計量が5日(水・同)に行なわれ、注目のノンタイトル戦に挑むエディ・アルバレス、ライト級トーナメント準決勝に挑む4名も無事計量をパスした。なお、計量後の会見でシーズン3バンタム級トーナメントにマーク・オーシロが出場することが、正式発表された。

【写真】ジョシュ・ニアーというUFC系ファイター、いわばスケールになるであろう対戦相手を迎えるエディ・アルバレス (C) BFC

BFC世界ライト級王者エディ・アルバレスが、UFCウェルター級&ライト級で活躍した実力者ジョシュ・ニアーと対戦する160ポンド・キャッチウェイト戦がメインのBFCボストン大会。

当地から初めてFOX netの電波に乗り、全米に中継されるMMAイベントは、上記のメインを初め、ライト級トーナメント準決勝ロジャー・フエルタ×パット・カーラン、トビー・イマダ×ケーリー・ヴァニアー戦に加え、ブロック・レスナーのスパーリング・パートナー=コール・コンラッドの出場と注目カードが目白押しだ。


夢のライト級選手権試合=アルバレス×フエルタへ、その両者が揃い踏みし、2度に渡りNCAAを制しているコンラッドにとって、自身3度目のMMA戦となるヘビー級マッチと、目が離せないBFC17といえるだろう。

また、公開計量終了後にBFC代表ビヨン・レブニーより、シーズン3バンタム級トーナメントにハワイのマーク・オーシロが出場することが発表された。

オーシロは旧エリートXCのトップ・フェザー級ファイターで、デニー・ティムスに続き、8月12日(木・同)より開始するシーズン3、二人目の出場が確定したファイターとなっている。

■BFC17 主な計量結果

<160ポンド契約/5分3R>
エディ・アルバレス:159.6ポンド(72.3キロ)
ジョシュ・ニアー:161ポンド(73.3キロ)

<ヘビー級/5分3R>
コール・コンラッド:266ポンド(120.6キロ)
パット・ベネット:243.2ポンド(110.3キロ)

<ライト級トーナメント準決勝/5分3R>
ロジャー・フエルタ:155.6ポンド(70.5キロ)
パット・カーラン:155ポンド(70.3キロ)

<ライト級トーナメント準決勝/5分3R>
トビー・イマダ:154.8ポンド(69.8キロ)
ケーリー・ヴェニアー:155ポンド(70.3キロ)

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie