この星の格闘技を追いかける

【WEC48】ピケット、ノンストップアクションで勝利掴む

2010.04.25

Pickett■第4試合 バンタム級/5分3R
ブラッド・ピケット(英国)
Def.3R終了/判定
デミトリウス・ジョンソン(米国)

【写真】ATTで練習を重ね、テイクダウン能力が飛躍的に進歩したブラッド・ワンパンチ・ピケット、拳も冴えを見せた (C) ZUFFA

ワンパンチ・ピケットが、そのニックネーム通り前に出て拳を振るうが、ジョンソンはローを繰り出し、出入りの激しい動きを見せる。ピケットの左フックでバランスを崩したジョンソンは、その後もパンチを受け姿勢を崩すシーンが目立ってくる。ジョンソンのミドルをキャッチしたピケットはテイクダウンは狙わず、エルボーを2発放ち、そのまま距離を取る。


ジョンソンのローに右を合わせるピケット。組技はないと見せかけ、ジョンソンの左にダブルレッグを合わせて、パーフェクトなテイクダウンを見せる。寝技には固執しないピケットは、立ち上がったジョンソンのヒザをキャッチしてテイクダウン。ジャンプをしながらパウンドを落とすと、ジョンソンは手繰りを見せるも、ピケットは突き離してトップをキープする。

ハーフをキープしたピケットは、再びスタンドを選択する。ジョンソンのハイが頭をかすめるが、ピケットはそのままテイクダウン。即スタンドに戻ると、ジョンソンのフライングニーも掴み、ここでもスラムするようにピケットがトップを奪う。動きの多い展開に観客は大喜びだ。

2R、遠い距離から右オーバーフックを見せたピケット。ジョンソンはより警戒を深め、遠い距離から前に出てはすぐにさがるという戦法を徹底する。痺れを切らしたピケットは自ら前に出て、ボディロックからテイクダウンを奪う。サイドを取ったピケットだが、ここはジョンソンが脇をすくって立ち上がる。

スタンドに戻っても焦ることのないピケットは、低い姿勢からダブルレッグでテイクダウンを奪い、インサイドから右足を一本抜いて、ハーフへ。ATT修行の成果が見せるピケットは、組技でもジョンソンを圧倒する。バタフライガードを取ったジョンソンだが、左エルボーを顔面に受ける。自ら立ち上がるというよりも、立ち上がらされているようなジョンソンは、ピケットに豪快なバックスローで投げ捨てられる。観客を沸かせつつ、一方的なペースで試合を進めるピケット。再び、スラムのようなテイクダウンを決めたピケットは、マウントを奪い思い切りパンチを落としラウンドを終えた。

最終ラウンド、後のないジョンソンは開始早々ダブルレッグを決め、この試合で初めてトップを奪う。ダースの状態で立ち上がったジョンソンはヒザを突き上げ、ピケットをケージに押し込むが、ピケットは慌てず態勢を入れ換えながら、テイクダウンを奪い返すと、再びトップをキープする。

ジョンソンが立ち上がるところでバックを奪ったピケット。ここは無理せず、ジョンソンの動きに合わせるように向かい合うと距離を取る。再びジョンソンにテイクダウンを許したピケットだが、ジョンソンのパス狙いに呼応し、立ち上がる。またもピケットをキャンバスに這わせたジョンソンだが、直後に態勢を入れ換えられ、サイドからマウントを奪われてしまう。流れるような寝技を見せたピケットは、残り試合タイムが1分となり、ボディに拳を落とす。ジョンソンはえびから足を一本戻し、ブリッジから立ち上がる。両脇を差したピケットが、ヒザを狙いバランスを崩しつつも、足をキャッチしテイクダウンを仕掛ける。激しいスクランブルが続く中、ここで試合終了のホーンが鳴り、ノンストップ・アクションが終了した。

ジャッジの裁定は30-27が2人、29-28が1人でピケットを支持。「タフだった。勝ててうれしい」というピケットは左肩を痛めた様子だったが、バンタム級で存在感を明らかとし、判定勝ち以上に成果のある勝利を挙げた。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

TF ONLINE

ONE DAY