この星の格闘技を追いかける

【UFC112】後味悪い二大王座戦、BJ・ペンはまさかの敗戦

【写真】BJ・ペンを判定で下したエドガー。己が信じたゲームプランを遂行した結果――といえる勝利だったが、そこに彼の“強さ”を感じることはできなかった (C) ZUFFA

2010年4月10日(土・現地時間)、アラブ首長国連邦アブダビのヤス島、フェラーリワールドでは、UFC112「Invincible」が開催された。

UFC世界ミドル級選手権=アンデウソン・シウバ×デミアン・マイア戦、同ライト級選手権試合=BJ・ペン×フランク・エドガー戦という二大タイトルマッチに加え、アブダビの英雄ヘンゾ・グレイシーの参戦、コアなMMAファンには見逃せない、グレイシーフュージョン所属のハファエル・ドスアンジョスとルタリーブリの流れを汲むテリー・エティンによるライト級戦など、同大会には注目のラインナップが揃った。


だが、そんなメインイベントは、王者アンデウソンの非スポーツマンシップな行為が繰り返され、終始大きなブーイングに包まれた。真剣に戦う姿勢を見せる挑戦者マイアに対し、アンデウソンは、序盤にスタンドで力の差を見せると、その後は相手をバカにするような挑発や動きを繰り返した。

さらに試合終盤では距離を取り、マイアの周りをぐるぐると回ると、アブダビのファンは、マイア・コールやGSPコールを連呼したが、マイアの奮闘空しく試合は判定で王者が防衛に成功した。

また、セミファイナルでは、ライト級の絶対王者BJ・ペンが判定で敗れる、まさかの王座陥落劇となった。

開始から鋭い返しのフックを度々見せるなど、この日も王者ペースかと思われた。しかし、攻勢とはいかずとも極端な出入りでBJのカウンターを封じたエドガーは、掛け逃げとも取れる(カウンターを受けないような)タッチをするようなパンチで手数を稼ぐと、BJからテイクダウンを奪い、その絶対的な強さを封印する上手さを見せたのだった。

その他にも、アブダビの英雄ヘンゾは、マット・ヒューズのパンチに轟沈、TKO負け。注目のライト級戦はドスアンジョスが、エティムから腕十字で一本勝ちを挙げた。

■全試合結果一覧へ
UFC112 Invincible 主要結果レポート

PR
PR

関連記事

MW

Movie

Grachan

ONE DAY