この星の格闘技を追いかける

【TUF7】第7週 ランペイジ、判定に再びキレた

 (C) ZUFFATUFシーズン7、第7週。初めて対戦カードの決定権を持ったランペイジが、ご機嫌な笑い声をあげながら、試合をピック。自らのチームからジェラルド・ハリス、チーム・フォレストからアミール・サダローを選んだ。

【写真】豪快なテイクダウン攻撃で、スタミナをロスしてしまったジェラルド・ハリス (C) ZUFFA

「ジェラルドは、レスリングに優れている。アミールは、キックボクサー。典型的な組み技×打撃系ファイターの試合になるだろう」と自信の覗かせるランペイジ、ようやく手にした対戦決定権をもう逃さないと明言する。


「ジェラルド?今回のメンバーでトップの一人だと思う。僕と同じで」。倒されてから如何に立ちあがるのかを、フォレスト・グリフィンと確認し、サダローはオクタゴンに向かった。

一方のハリスは、「僕は何でもできる。ただし、一番の強みはレスリング。テイクダウン&パウンドで勝つ。自信過剰じゃない、控え目に考えてもそうなるよ」と、コーチともども勝利を信じて疑うことない。

試合は、その自信の発言通りハリスのテイクダウンで開始した。パウンドを落とすハリス。しかし、抑える技術が今一歩で、サダローに立ち上がられてしまう。その度に豪快なリフトアップからスラミングを決め、試合を有利し進めるが、なかなか詰めに入ることができない。

徐々にタックルのタイミングを掴み始めたサダローが、1R終盤に腹固めからチョークを狙う。ここはハリスが察知し、すぐに胸を合わせて立ち上がることに成功したが、序盤のような圧倒的な動きは見られなくなっていた。

2R、「パンチとのコンビネーションでテイクダウンを狙え」というランペイジの指示通りの攻撃を仕掛けたハリス。ただし、もう1R序盤のようにサダローが簡単にキャンバスに倒れこむことはない。

再びタックルを切り、体を反転させてバックを狙ったサダロー。攻撃のリズムをつかんだのか、スタンドではローやミドルがヒットし始める。またもテイクダウンを許したサダローだが、ケージに詰められることもなく立ちあがることに成功すると、左ヒザ蹴りを顔面にヒットさせる。続いて思い切り振りぬかれた右ストレートで、ハリスからフラッシュダウンを奪う。サダローの足にしがみついたまま、ハリスはパウンドを連打で浴びると、ここでレフェリーが両者の間に割って入り試合をストップ。アミール・サダローが逆転TKO勝ちを手にした。

「判定になったら、負けると思っていた。でも、まだ時間はあるから、立て直せると言い聞かせて戦ったんだ」というサダロー、コーチのフォレストも「ジェラルドは2Rになると、シャープさに欠けていた」と試合を振り返った。

一方、思わぬ逆転KO負けを喫したハリスは、敗北が受け入れられず大声で叫び、周囲の目もはばからず涙をこぼす。「いつの日か、この借りを返すんだ」、耳元で囁くランペイジの言葉を聞き、ようやく落ち着きを取り戻したハリスは、UFCホーム6人目の脱落者となり、オクラホマ州タルサに還っていった。

再び対戦カード決定戦を取り戻したフォレストは、イリミネーションマッチ1回戦の残りの2試合、ケール・ヤーブロー×バトリック・シュルツ戦、CB・ダラウェイ×ニック・クレイン戦を発表する。

チーム・フォレストのヤーブロー、ランペイジのシュルツともにキックやムエタイがベースで、試合は立ち技中心の展開となった。しかし、両者とも上半身に力が入り、単発のパンチを繰り返すだけで、自らの打撃でバランスを崩すシーンがたびたび見られる凡戦に。

1Rに右ストレートをヒットさせ、テイクダウンを奪うことに成功したシュルツだったが、2Rに入ると動きが鈍くなり、反対に寝技で下になり厳しい試合展開に。残り時間1分を切り、ヤーブローがパウンドの回転数を上げタイムアップ。

タイムアップと同時に、「3Rを戦わせろ。1Rずつ取り合っている」と大声を張り上げるランペイジをよそに、ダナ・ホワイトがジャッジの判定を「3-0でヤーブロー」とアナウンス。

「やってられるか。なんだ、この判定は?」と言葉を荒げて、試合場から飛び出すランペイジ。「敗北が続き、かなりフラストレーションが溜まっている」とダナ・ホワイト。ベスト8が出揃うまであと1週となり、いよいよボーイズとコーチを取り巻くドラマが始まる。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie