この星の格闘技を追いかける

【UFN36】アルカンタラが激戦制し、兄弟で同日勝利飾る

<バンタム級/5分3R>
ユーリ・アルカンタラ(ブラジル)
Def.2-1: 28-29, 30-27, 30-27
ウィルソン・ヘイス(ブラジル)

進行の都合で、入場曲もなく急ぎオクタゴンに上がったアルカンタラとヘイス。兄弟で同日勝利を狙うアルカンタラは、ヘイスの右フックをよけて拳を伸ばす。ヘイスはワンツーから即、グラウンドワークに持ち込むと、バックを取られそうになったアルカンタラが、体を入れ替えトップへ。潜りから立ち上がりたいヘイスに、アルカンタラが勢いのあるパンチを落す。一旦、試合を固めたアルカンタラだが、ヘイスは潜りから立ち上がりシングルへ。さらにケージにアルカンタラを押し込む。

左ワキを差して、体重を変えてテイクダウンを狙ったヘイス。アルカンタラはここでもすかしてトップを取るも、ヘイスも負けじとリバーサルからトップへ。ハーフから抑え込むヘイス、しかしレフェリーが即ブレイクを掛ける。試合がスタンドに戻ると、パンチからシングルでケージにアルカンタラを押し込んだヘイスだが、自ら距離を取る。と、左ストレートでダウンを奪ったアルカンタラが三角絞めへ。体をロールしてエスケープしたヘイスだが、既に口を開いて肩で息をするようになっている。直後にダブルレッグを決めたヘイスだが、アルカンタラはパンチの際に起きあがってバックへ。後方に投げて、ノンストップアクションの初回を制した。

2R、小刻みに動きパンチを伸ばすヘイスに対し、アルカンタラは左を打ち込みダウンを奪う。グラウンド戦になり、直ぐにリカバーしたヘイスがマウントを奪取する。左のパンチから、連打を見せたヘイスは、呼吸を整え左右のパンチを落す。ケージを蹴って、トップを取ったアルカンタラに対し、ヘイスは潜ろうとするが鉄槌を連打で受ける。それでもディープハーフから潜ってスイープを狙うヘイスに、アルカンタラはトップを守り小さなエルボーを落す。起き上がって勢いのあるパウンドを狙ったアルカンタラに対し、起き上がったヘイスがシングルレッグでテイクダウンへ。

ヘイスはクローズドガードのアルカンタラにエルボーを落す。そのままトップを守ったヘイス。ダウンを奪ったアルカンタラと、マウントとテイクダウンを取ったヘイス。ジャッジはどちらを支持するだろうか。

最終回、間合いを測るなか、2Rと同じようにアルカンタラの左がヘイスを襲う。スタンドに踏みとどまったヘイスに、アルカンタラは右ジャブを伸ばす。組みついてシングル、ハイクラッチでテイクダウンに成功したヘイス。アルカンタラに背中をつかせ、細かい左を落す。ケージを背にしたアルカンタラだが、ヘイスは足を引いて立たせない。クローズドのアルカンタラだが、足を割ったヘイスがハーフへ。柔術立ちから起き上がったアルカンタラは、体を入れ替えてヘイスをケージに押し込む。

残り30秒、足を払ってテイクダウンを奪ったアルカンタラが、左のパウンドを連打。潜るヘイスを試合終了まで殴り続けた。要所を締めたアルカンタラが、兄弟で同日勝利を挙げることに成功した。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie