この星の格闘技を追いかける

【UFN36】敵地ブラジルで、トホゴフが初陣対決制す

2014.02.16

<フェザー級/5分3R>
ズベア・トホゴフ(ロシア)
Def.3-0: 30-27, 29-28, 30-27
ドゥグラス・シウバ・ジ・アンドレージ(ブラジル)

間合いを測る両者。左に回るシウバが左フック、トホゴフが左ミドルを狙う。トホゴフの右後ろ回し蹴りに距離を取ったシウバが右ローを2発連続でいれると、ブラジルの観客から大きな歓声が起こる。シウバの蹴りを掴んでテイクダウンしたトホゴフ、シウバがすぐに立ち上がる。トホゴフのスピニングバックフィストをシウバは、両手をあげてブロック。単発の打撃と探り合いが続き、初回は残り2分を切るとシウバがトホゴフの蹴り足を掴んでテイクダウンへ。立ち上がったトホゴフの左フックがシウバを捉えそうになる。

唇をカットしたのか流血したシウバにドクターチェックが入り、再開後トホゴフがダブルレッグでテイクダウンに成功する。左右のエルボーから、重いパンチを落すトホゴフ。シウバが立ち上り、トホゴフがプレッシャーを強めたところで初回が終わった。

2R、左ヒザをボディに入れたトホゴフ。シウバのローに後ろ回し蹴りを返す。ローからショートフックを入れたシウバだが、重い左フックを打ち込まれケージ際まで下がる。ダブルレッグからダッグアンダーでシウバを浮かせたトホゴフが、2Rも優勢に試合を進める。トホゴフは組みついてバックに回りながら寝技に持ち込もうとするも、シウバが腰をずらして離れる。残り45秒、両者が同時にスピニングバックフィストを狙い回転。互いに相手に触れることなく、シウバがボディを打ち込んだところで2Rも終わった。

最終回、トホゴフの左フックに対し、下がりながら右を返すシウバ。互いにヒットはない。ボディを決めて前に出てきたシウバをトホゴフがフックで迎え撃つ。後ろ回し蹴りも距離が合わないトホゴフ。シウバは左フックをヒットさせたが、パンチを当てると逆にトホゴフのプレッシャーを受けパンチを被弾してしまう。

シウバは右アッパーをヒット、パンチの精度が上がってくる。トホゴフのダブルレッグをスプロールしたシウバが、右からヒザを狙う。間一髪距離を取ったトホゴフは、シウバのフックにダブルレッグを合せてバックに回ってグラウンドへ。前転しながら立ち上がり、スクランブルを制したシウバががぶりからスタンドへ。残り時間はわずか、シウバの大きな振りのパンチをトホゴフがバックステップでかわしたところで試合はタイムアップとなった。結果は3-0でトホゴフ、プーケット在住のロシア人ファイターがUFC初戦対決を制した。

PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF