この星の格闘技を追いかける

【UFC169】リネケル下したバガウティノフ、挑戦に一歩前進

2014.02.02

<フライ級/5分3R>
アリ・バガウティノフ(ロシア/7位)
Def.3-0: 29-28, 29-28, 29-28
ジョン・リネケル(ブラジル/5位)

体重超過の常連ながらUFC4連勝中のリネケルと、オクタゴンで2連勝中のバガウティノフ。フライ級の大砲対決が実現。サウスポーに構えたバガウティノフに、ジリジリと距離をつめ右のパンチを振るっていったバガウティノフ。テイクダウンを合わせたバガウティノフが、トップを取ることに成功する。細かいパンチを落すバガウティノフ、徐々にパンチの軌道が大きくなる。背中をベタッとつけたリネケルは、立ち上がることができず、パウンドを受けるシーンが増えてくる。

立ち上がったバガウティノフにヒールフックを仕掛けたリネケル、バガウティノフもヒールで返す。柔術家とサンビストの足関合戦はリネケルが足を引き抜いてスタンドに戻る。そのリネケルの右ミドルをキャッチしたバガウティノフが、ここでもテイクダウンへ。リネケルはキムラへ。腕を抜いたバガウティノフが、パウンドをまとめたところで初回が終了した。

2R、リネケルの右ハイをキャッチし損ねたバガウティノフだが、ヒザ蹴りを見せる。ケージ際を移動するバガウティノフは、シングルレッグを切ったリネケルにヒザを入れる。首相撲からヒザを突き上げるリネケル。距離を取ったバガウティノフが左右のフックを打ち込む。リネケルはここでも首相撲からヒザで対抗し、両者が間合いを取り直す。ケージを制するのはここでもバガウティノフ。そこから果敢に右を振るって前に出る。右ボディフックを打ち込んだリネケルは、ボディを続ける、これを嫌がったか、バガウティノフがテイクダウンを狙うも、リネケルが切っていく。

フックの応酬に打ち勝ったのはリネケル。テイクダウン狙いに切り替えたバガウティノフの背中にエルボーを落す。バガウティノフがケージにリネケルを押し込むが、離れると左フックを被弾する。蹴りからテイクダウン狙いと、パンチの応酬でボディにパンチを受けるのを嫌うバガウティノフが、顔面に2発パンチを受けて、テイクダウン狙いで誤魔化そうとする。打ち負けたバガウティノフ、リネケルが2Rを取り返した。

3R、ケージの前を左に動くバガウティノフ。リネケルは左右のフックを振るう。パンチを被弾しても良いような動きで、ボディロックに捉えたバガウティノフが2度目の試みでクリーンテイクダウンを奪う。背中を強打し、苦しげな表情を浮かべたリネケルは、ハーフからキムラを仕掛ける。ロックされた方向に体を移動し、これを防いだバガウティノフが右ストレートを入れて、そのままテイクダウンへ。

バガウティノフがトップから右のエルボーを落とし、首をコントロールしてリネケルを立たせない。頭を押して立ち上がろうとしたリネケルの腰をコントロールしたバガウティノフが、顔面にヒザを入れる。バガウティノフが自ら距離を取ると、試合は残り1分に。リネケルは前に出て右アッパー、バガウティノフは左フックからローシングルへ。ここでも背中をつけたリネケルはパンチを受けながらヒールを狙う。右手をあげ、ガッツポーズを作り問題ないとアピールしたバガウティノフは、試合終了と同時に雄叫びを挙げた。結果、バガウディノフが3-0の判定勝ちを収め、王座挑戦に一歩近づいた。

PR
PR

関連記事

Movie