この星の格闘技を追いかける

【Legacy FC27】セフード、フルマーク勝利も体重落せず謝罪

<フライ級/5分3R>
ヘンリー・セフード(米国)
Def.3-0:30-27, 30-27, 30-27
エリアス・ガルシア(米国)

地元テキサスのガルシアとの対戦となった北京五輪フリースタイルレスリング55キロ級金メダリストのセフード。左ジャブを伸ばすセフードに対し、右ストレートを伸ばすガルシア。さらにローを繰り出すと、セフードも右フックからローを返す。テイクダウン狙いと見せかけて、右ハイを放ったセフードだが直後に右フックを受けて動きが止る。そのままラッシュを掛けたかったガルシアに対し、セフードは組みついてインサイドトリップからテイクダウンに成功する。

ガルシアがケージを背にして立ち上がると、セフードは両ワキを差してテイクダウンへ。マウントを取りかけるも、ガルシアがここでもケージを背にして立ち上がる。距離を取り直した両者、セフードの右ミドルにガルシアが右を合わせる。すかさず組みついたセフードは、逆にケージに押し込まれながら、腰をコントロールしてテイクダウンに成功する。インサイドガードから右のパウンドを落すセフードは、続いてエルボーを連打していく。蹴り上げから立ち上がろうとしたガルシアのバックを取ったセフードは、ケージに押し込んで胸を合わせると、勢いのあるエルボーを入れて、ここでもテイクダウンへ。ガルシアはクローズドガードを取るも、パンチを受ける。自ら立ち上がったセフードは、ガルシアが立ち上ると同時にハイキックを入れラウンドを締めた。

2R、思い切って踏み込みながら右を伸ばしたガルシア。セフードが組みついてドライブも、ガルシアが距離を取る。右ハイを空振りし、尻餅をついたセフードはそのまま足に組みついてテイクダウンへ。サイドを奪取しバックからヒザを入れる。ハーフで潜るガルシアにセフードはエルボーを落とし、背中を突かせる。セフードはフルガードに戻されも逆側に足を一本引抜き、エルボーを続ける。腰をコントロールしパスしたセフードは、ルーズなマウントへ。ガルシアは腰を切って立ち上がるも、バックを許したままで臀部にヒザ蹴りを突き上げられる。胸を合わせることができないガルシアは腕を剥がせず、リフトされてキャンパスに叩きつけられた。

バックを取ったままのセフードは、胸を合わせられると右エルボーを2発顔面に打ち込み、2Rを完全にモノにした。最終回、ガルシアのテープがめくれているとアピールするセフード、非常に冷静だ。修復後、ガルシアは左ジャブを振るいながら前に出る。右フックを打ち込んだセフードは、サウスポーにスイッチを見せる。すぐにオーソに戻し、シングルレッグから腰に組みついてセフードがテイクダウンを完成させる。すぐにマウントを取ったセフードは左手で頭を抱えながら、右のパンチ&エルボーでガルシアを削っていく。足を戻したガルシアのバックに回ったセフードは、胸が合うとケージに押し込んでテイクダウンを仕掛ける。

ケージを背に、腰を落して耐えるガルシアから、内掛けでテイクダウンを取ったセフードが、
殴りながら立たせてバックへ。そのまま背中を取った試合はタイムアップへ。結果、セフードがフルマークでMMA6連勝を飾ったが、2ポンド体重を落し切れなかったことをガルシア陣営に詫びた。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

WEF X Arzalet

ONE DAY