この星の格闘技を追いかける

【UFC109】ダンジグ、ブコールズにリード許すも逆転

2010.02.07

■第6試合 ライト級/5分3R
マック・ダンジグ(米国)
Def.3R終了/判定
ジャスティン・ブコールズ(米国)

左へ右へサークリングを見せるダンジグに、思い切りローを見舞うブコールズは、前蹴りからパンチ、さらにハイキックにつなげていく。ダンジグは低い態勢からシングルレッグを見せるが、しっかりと見切ったブコールズはスタンドをキープする。

そのブコールズを首相撲で捉えたダンジグが、ヒザ蹴りで反撃開始かと思われたが、長いリーチから繰り出されるブコールズのパンチでバランスを崩してしまう。ケージに押し込まれ、ヒザを蹴りあげられながら、距離をとったダンジグ。飛び込みざまにブコールズの右ショートアッパーを受ける。パンチ、蹴り、二―と打撃の全局面で試合をリードしたブコールズだが、ラウンド終盤に動きが落ちたものの優勢の印象を残し初回を終える。


2R、ダンジグが前に出てくるとショートを合わせていたブコールズだが、組みつかれても倒されずに距離を取る。頭をケージに詰めたブコールズの左サイドに突き出し、テイクダウンを奪ったダンジグ。パスを狙いつつ、パウンドを落とすが、ブコールズはアームロックを仕掛ける。無理な態勢で腕狙いに固執したブコールズに、ダンジグはパスからマウントを奪うと、強烈なパウンドを落とす。

そのままバックに回ったダンジグは、前方に振り落とされると同時に三角、腕十字を狙うがブコールズはこれを察知し、腕を引き抜く。トップから上体を固めるブコールズにスイープを決めたダンジグ。マウントからパウンドを落とすが、ここで2Rが終了となった。

3R、勢いがついてきたダンジグが組みついてテイクダウンを狙うが、ブコールズも首相撲からヒザを繰り出す。勝利を目指し、互いに譲らない両者。ダンジグの首投げを潰したブコールズがトップを奪う。腰に手を回し、トップキープのブコールズ。残り時間2分で、ブレイクがかかり試合はスタンドで再開する。

互いに右をヒットさせるが、ダンジグは右ボディフック、さらに左を顔面に打ち込み、テイクダウン狙いのブコールズを潰し、バックコントロールからパウンドを落とす。上を向いたブコールズからマウントを奪い、さらにバックからチョークを仕掛けたダンジグ。最後はわき腹にパンチを落とし、試合終了を迎えた。ジャッジの裁定は3者とも、29-28でマック・ダンジグを支持した。

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Triforce Online Jiu-Jitsu

Gokikai Karate

ONEday