この星の格闘技を追いかける

【Strikeforce】ローラー、絶体絶命からまさかの大逆転

Lawler■第8試合 ミドル級/5分3R
ロビー・ローラー(米国)
Def.1R3分33秒/TKO
メルビン・マヌーフ(オランダ)

【写真】メルビン・マヌーフのローキックで絶体絶命のピンチに追い込まれたが、大逆転勝利のロビー・ローラー。白目をむいて失神したマヌーフは、吹き出した流血の一部が、眼に入った状態で気を失っていた (C) KEITH MILLS

低いガードながら、ワキをしっかりと締めるローラー。マヌーフが前に出てくるところで、ジャンピングハイを見せる。左ジャブを伸ばしながら、ゆっくりと歩を進めるマヌーフは、ローラーの左ハイをしっかりと見切っている。

鋭いローから、右ミドルを見せたマフーフに対し、ローラーはローからテイクダウンをうかがった。ここで距離を詰めたマヌーフがロー、フックを放っていく。拳をあげて、顔面を固めたローラーだが、ボディと両足が無防備になると、強烈なボディ、ロー、ミドルを受け続ける。完全に右ローを効かされたローラーは、パンチを放っても足が前に出ない。ケージに詰められ、ロー、フック、ヒザ蹴りまで受けたローラーは、それでも前に出ようとするが、足がいうことをきかずバランスを崩しそうになる。


ここぞとばかりに、ローを見舞ったマヌーフ。強烈なローに、ローラーの右足は腰の上に振り上がるまで、打ち抜かれてしまう。万事休す、誰も思った直後、右を打とうとしたマヌーフの顔面がガラ空きになり、ローラーの右の拳が振り落とされる。

ゆっくりと、まるでスローモーションのように後方へ倒れこんだマヌーフ。その後頭部がマットに着く直前に、ローラーは左のパウンドを追撃を加えた。ピクリとも動かないマヌーフ、絶体絶命のピンチから手にしたローラーの大逆転KOに、バンクアトランティックセンターの観客の興奮は一気に頂点に達した。

【写真】マヌーフの猛攻に絶体絶命のピンチに追い込まれたローラーだが、右フックで一撃KO。あの状況下において狙っていたのかどうかは本人のみぞ知るところ (C) Strikeforce

そんなファンの大歓声に、ローラーは右足を引きずりながら右手をあげて応える。「キラーだよ。腕をあげて顔を守るしかなかった。次?なるようになるよ」、インタビューまで命からがら生き延びたという印象を残すローラーだった。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Movie