この星の格闘技を追いかける

【Bellator239】ベラトールにLFA的ファイト持ち込んだ(?!)キース・リーが、バンチに圧勝

<バンタム級/5分3R>
キース・リー(米国)
Def.3-0:30-26.29-27.29-28
ショーン・バンチ(米国)

右の蹴りを使うリーに対し、バンチは踏み込むフェイクを見せ、一気に右を振るって前に出る。近距離でハイキックを蹴られたリーはブロック、バンチは攻撃を散らしローを繰り出す。リーのハイをかわしたバンチが右クロス、さらに右ストレートと連続でヒットさせる。続いて右フックを振るい、組みついたバンチがリーのバックを取る。後方から殴り、正面を向かれたところでケージに押し込んだバンチは両ワキを差しエルボーを打っていく。

結局、テイクダウンは奪えなかったが、離れてからも勢いのある右ミドルハイを狙う。終盤テイクダウン狙いにハイを受け、ヒヤッとするシーンがあったバンチだった。

2R、蹴りのイメージが残っているか、前に思い切って出られなくなったバンチは、突進してきたリーの跳びヒザを受け手後方に崩れる。そのままマウント、そしてバックグラブの態勢に入ったリーは四の字フックで固め、パンチ&鉄槌を打ちつける。鼻血を流しながらも、手首を掴んで絞めを許さないでいたバンチだったが、立ち上がろうとしたところでクラッチを許しそうになる。

ここも首だけは守るバンチに対し、リーはパンチを織り交ぜて絶対的に優位な時間を続ける。口を塞ぐというえげつなさも見せたリーだが、バンチのブリッジに背中に乗り続けることができず、スクランブル。打撃戦になってもリーは、スイッチして左ハイ、さらに跳びヒザを繰り出し、完全にラウンドを取った。

最終回、鋭い左ミドルハイを蹴り、オーソに戻して右ハイを狙ったリー。バンチはこのタイミングで組みつき、ボディロックテイクダウンへ。リーはケージを背にして耐え、離れて左ハイを蹴っていく。左ボディを受けたバンチが、テイクダウン狙いのフェイクから右を狙う。リーはオーソから左ジャブを伸ばし、距離が近づくと思い切り右フックを振るう。バンチもボディを決め、前に出て右を振るう。リーも飛び込んでヒザ、そして右ストレートと果敢に攻め、ダブルレッグを切って後ろ回し蹴りへ。残り20秒でダブルレッグでテイクダウンを奪ったリーがバックに回ると、スクランブルからタイムまで激しい打撃の押収が見られ、リーのヒザがバンチの顔面を捕えた。

LFAやコンテンダーシリーズのような試合の流れを見せたベラトール初出場のリーが、大差の判定勝ちでバンチを破った。


PR
PR

関連記事

r t One02

Movie