この星の格闘技を追いかける

【UFN13公開計量】サバイバル合戦いよいよ

2008.04.02

 (C) ZUFFA1日(水・現地時間)、大会開催を24時間後に控えたUFCファイトナイト。外れマッチアップなし、全ての試合に意義があり、全ての出場選手にサバイバル合戦が強いられる。いわゆる数合わせ的なカードが無い同大会の公開計量が行われた。

【写真】今や神の階級を超えつつある群雄割拠のライト級。王座挑戦へ向け、フロリアン、ローゾンともにな負けられない一戦に挑む (C) ZUFFA

北米特有の契約ウェイトから1ポンド・オーバーは許容されるというレギュレーションを利用し、弱オーバーでパスをするファイターが目立ってきたが、メインに出場するケニー・フロリアンが1ポンド、ジョー・ローゾンも0.5ポンドオーバーで計量をパスしている。同大会の模様はSPIKEで3時間、全米に中継される。


■計量結果は以下の通り。

◆メインイベントライト級5分×3R
ケニー・フロリアン:156(米国)
VS.ジョー・ローゾン:155.5(米国)

◆第11試合ウェルター級5分×3R
チアゴ・アウベス:171(ブラジル)
VS.カロ・パリシャン:171(アルメニア)

◆第10試合ライトヘビー級5分×3R
マット・ハミル:204(米国)
VS.ティム・ボーテッシュ:206(米国)

◆第9試合ライト級5分×3R
カート・ペルグリーノ:155(米国)
VS.ネイト・ディアズ:156(米国)

◆第8試合ライトヘビー級5分×3R
ジェームス・アーヴィン:205(米国)
VS.ヒューストン・アレキサンダー:205(米国)

◆第7試合ライト級5分×3R
グレイ・メイナード:155(米国)
VS.フランク・エドガー:155.5(米国)

◆第6試合ライト級5分×3R
ジョシュ・ニアー:156(米国)
VS.ディン・トーマス:155(米国)

◆第5試合ライト級5分×3R
ライアン・ロバーツ:155,5(米国)
VS.マーカス・アウレリオ:154.5(ブラジル)

◆第4試合ライト級5分×3R
ジェフ・コックス:155(米国)
VS.マニー・ガンバーリャン:155.5(アルメニア)

◆第3試合ライト級5分×3R
サミー・スキアボ:155(フランス)
VS.クレイ・グイダ:156(米国)

◆第2試合ウェルター級5分×3R
ローマン・ミティチアン:170,5(アルメニア)
VS.ジョージ・ソティロパロス:169.5(豪州)

◆第1試合ウェルター級5分×3R
アンソニー・ジョンソン:169.5(米国)
VS.トミー・スピアー:170(米国)

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie